集団塾とは20〜30名ぐらいの受講生が教室で授業を受ける手段で、学校の授業とよく似ています。

塾友は学習面のライバルであり、双方に助け合う存在です。

集団指導形式でも成績や志望校ごとにクラスが分かれている事が多々あるので、同じレベルの生徒同士が一緒に学ぶことができます。

塾は勉強をしたいと思う生徒が通うので、勉学や成績についての話題で友人と話をする機会が多くなります。

塾のクラスは学校よりも人数が少なく、成績が同じくらいで同じ学校を目指す生徒が集まるので友人が作りやすい環境です。

同レベルの生徒が一緒に学ぶので、同じ学校に進学してそのまま友人関係が続く場合もあります。

学習意欲を高める事ができ、友人同士で学習を教え合う機会も増えるので、自分で主体的に勉強をする習慣が身に付きます。


角田 学習塾 中学生