水着

このため臀部(臀裂)が若干露出する様子になる事もあるが、着用する水着が出来合いの品であるため避けられない。

なお、男子水着は女子と同じワンピース型を除き腰で履くことを想定されている。

また、競技用のハイ等級の水着は極端に小さいサイズを着用すると大腿部や臀部の動作に制限が起きやすい。

密着度・圧迫度が大いに高くピッタリネス用途に比べると伸縮性が低い。

これは、腹にあわせてしまうと、水の流入方向、臀部と腹部の径の違い、動作による腹部の径の移り変わりから密着性が損なわれ抵抗が増大するためである。

このような状況はプレーには向かず、水着のサイズが合っていないと言える。

普通に「競泳用」と呼ばれるものは水泳連盟の公認を受けている。

ただし、臀部(臀裂)が大きく露出する様子は臀裂と水着との空きに入り込む水が多く、結果抵抗となる。

抵抗が少なくボディーの無駄なブレを防ぐが、耐久性は必須ではないため劣化が激しい。

男女ともに、小さいサイズをムリに着用する事はこの2つのデメリット以外にも、材質が伸びすぎてしまい設計意図どおりの性能を発揮できないという事もあり、サイズ選択しは用心が必須である。

新宿水着売り場